還暦祝いの人気プレゼントで還暦のお祝いの贈り物を探してみましょう。還暦のご当人が誰からかがわかるのであればどういう風に記しても特に問題ありません。連名にする場合は2、3人分くらいが良さ気ですが、少なくても支障ないですね。ただ、3名以上なら家族一同のようにするとスッキリしますね。本卦還りのお祝い品に熨...

ただ最近はそれに強くこだわらないで、60歳という年齢を気にせず人生の通過点として記念のものを選択する方が多くなっています。還暦祝いのプレゼントとして、これからも健康で長生きしてほしい気持ちや今までの感謝を込めてプレゼントを選びましょう。形がないもの、希少性が高いものの選択は自由ですが、渡すときに「今...

お祝いの時期について

誕生日にかかわらず満60歳になる年が、還暦の数え年61歳に間違いありません。数え年で何日で61歳になるかというと元旦なので、還暦のお祝いは元旦から節分までにされていたようです。ただ最近は、満年齢の方が、一般的なので、春分の日までに関係なく祝いの会をするのが主流です。本卦還り(還暦)をお祝いする時期が...

お祝いの方法について

必死に仕事をした昨日までとは違って、社会へはばたいた子供もいるご家庭が大半で、これからは自分のことが優先していいタイミングでしょう。それに今も活躍されていると思いますが、体を気遣ってほしい年代ではないでしょうか。だからこそ還暦を大事な区切りにして、若い人から先輩へのお祝いが当事者には外せません。祝い...

ただ前は、家の跡継ぎを男性にするという風習があったので本卦還りのお祝いは男だけで、それがあったから今でも男性だけという地区はなくなっていないようです。とは言うものの年齢が気になる女性も多いですし、年寄の印象が強い還暦のお祝いというよりも誕生祝いとして満60歳の本卦還りをお祝いする演出も楽しいですよ。...

書き方は、水引の上は一般的に「寿還暦」などですが、堅苦しいのは抜きにして「感謝」でも良いと思います。下側には、贈る人がわかるように書きます。お祝い品を受ける人ではないのでウッカリされないように。本卦還り祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、誰が贈ったのかを書くのですが、還暦のご当人が誰からかが...

内のしは、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかがすぐわかります。逆に内のしは、包装紙を開けないと何のお祝いを誰からな...

それと会食代、旅行代として1名あたり2万円ほど準備するようでしょうね。二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、旅行や食事は母親と二人分必要ですから、総予算としては6万円前後になると思います。そもそもどんなお祝いをするかによっても予算は変えられます。準備する贈る側の年代は、生活費が増えている...

贈る人の名前ですが、ご当人が誰からかがわかればどんな書き方でも構いません。名前を書き連ねる場合なら2、3人分くらいがちょうど良いですが、少なくても問題ありません。敢えて言うなら多い場合は、子供・孫一同と記した方が、見た目がいいかもしれません。昔の会社では、還暦で会社を退職する人が、たくさんいました。...

贈り主の名前を書きますが、還暦のご当人が誰からかがわかるのであればどちらでもマナー違反ではありません。複数の名前を書くならば見た目でいうと2、3名くらいが具合がいいと思いますが、少なくても問題ありません。ただ、3名以上なら「○○一同」という書き方にする方が、ゴチャゴチャしないで済みますね。だいぶ前の...