還暦のお祝いガイド

還暦をお祝いをする際の基本的な情報を紹介

本卦還りのお祝い品の贈り物の

本卦還りのお祝い品の贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、贈る人が名前を記しますが、思い違いせず贈り主がわかれば名字だけでも名前だけでも構いません。

名前を並べるときは2、3人分くらいが具合がいいと思いますが、少なくても問題ありません。

ただ、3名以上なら家族一同と記した方が、ゴチャゴチャしないで済みますね。

だいぶ前の会社では、還暦で会社を退職する人が、大半でした。

しかし最近は、働く必要に迫られてきたという要因があって、退職しない人がむしろ当たり前のようです。

そういった人に対し、会社の同僚から人生の節目を祝うといった場面が見受けられます。

予算としては、少なくても一人1000円からの徴収でお祝いの品物を準備しますね。

今までの感謝の気持ちを表すためのプレゼントの品物は、何が最適かなかなか答えが出ません。

考え方は色々ですが、The還暦という感じのものにしない選び方だと探しやすいと思います。

年配者の中には、還暦は終活世代に思えることが多いので、年寄イメージに注意した方が間違いないでしょう。

ですので色合いは、暗い色一辺倒ではなくピンポイントの赤がいいでしょう。

例でいうと女性への贈り物として、還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味なので、持つ人を守護するベビーリングをプレゼントすると良いと思います。

還暦のお祝い品の予算はだいたい2万円くらいにする人が多く、それと旅行代、会食代として一人あたり3万円を追加しているようです。

たとえ還暦のご当人が父親だけだとしても、旅行や食事は母親と二人分必要ですから、総予算としては6万円前後になると思います。

ただ、どういった祝い方をするのか、考え方によって費用総額は違います。

段取りする子供の年齢層は、自分たちの子供の養育費などがかかる年齢層でもあるので、誰でも1回しかないことなので、毎日コーヒー一杯を飲んだつもりでお祝い予算を貯めていってはいかがでしょうか。

熨斗(のし)には、外熨斗(そとのし)と内のしがあります。

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

還暦祝いの贈り物に熨斗紙(のしがみ)をどう付ける?還暦は長寿のお祝いに含まれるので、蝶結び、赤と白の水引が一般的です。

書き方として一般的なのは水引の上は「還暦御祝」などですが、形式ばっているのはなしで「ありがとう」でも素直にいいと思います。

下には贈り物を準備した人の名前を書きます。

還暦のご当人の名前ではないので勘違いされないように。

男性でも女性でも還暦は同じです。

ただ、だいぶ前の時は、男性を家の跡継ぎにするという風習があったので還暦を祝うのは男だけにして、その名残で今でも女性を祝わないところはなくなっていません。

とは言え年齢を気にするご婦人も多いですし、加齢のイメージの本卦還りのお祝いというよりもハッピーバースデーとして本卦還り祝いをするというサプライズも粋ですね。