還暦のお祝いガイド

還暦をお祝いをする際の基本的な情報を紹介

熨斗(のし)には、

熨斗(のし)には、外のしと内のしがあります。

内のしは、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかがすぐわかります。

一方、内のしは開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、内熨斗(うちのし)と外のしのどちらが正解ということではありません。

本卦還り祝いにつける熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、お祝いする人の名前ですが、贈り主を勘違いすることがなければ、どういう風に記してもそれほど気にしなくても大丈夫です。

名前を並べるときは見た目でいうと3名くらいがちょうど良いですが、臨機応変に決めて大丈夫です。

ただ、3名以上なら子供・孫一同とした方が、ゴチャゴチャしないで済みますね。

だいぶ前の会社では、還暦で定年退職する人が、大半だったと思います。

ですが今は、定年退職や年金支給の年齢が上がったこともあると思いますが、現役を継続する人がむしろ当たり前のようです。

そういった人に対し、会社の親睦会などから人生の節目を祝うといった場面が見受けられます。

そういったことへの参加費は、お金を出し合って贈り物を準備する段取りになります。

男性でも女性でも還暦は同じで内容に違いはありません。

ただずいぶん前は、男に家督を継がせるという価値観により還暦祝いは男性だけにして、そういった経緯で現在でも男性だけという地区はなくなっていないようです。

もっとも年齢を気にする女性は少なくないですし、年寄の印象が強い還暦のお祝いというよりも誕生日のお祝いという名目で本卦還りを祝う演出も良いと思いますよ。

今までの感謝の気持ちを表すためのお祝いの品物は、何にすると喜んでもらえるかなかなか答えが出ません。

1つの考え方として、満60歳を意識しない探し方だと選びやすいかもしれません。

親世代は還暦=人生終わり?と悲観的に考えてしまいがちで、年寄イメージに注意した方が間違いないでしょう。

色使いは、寒色より明るい系が基本です。

たとえば女性には、赤ちゃんに還る意味合いの本卦還りだからこそ、持つ人を守護するベビーリングを贈ると洒落ていますよね。

本卦還りのお祝い品に熨斗紙(のしがみ)はどうする?還暦のお祝いはめでたいことですので、蝶結びそれと赤と白の水引を使います。

書き方は、水引の上は一般的に「祝還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら感謝の気持ちを表す言葉で率直でいい感じだと思います。

そして、下に贈る人の名前を記します。

お祝いされる人の名前じゃありません。

注意してください。

還暦祝いに贈る品物の購入額はおおよそ2万円ほどのようで、それに旅行代や食事代として1名あたり3万円くらいは準備するようでしょうね。

それは、父親だけが還暦でも食事や旅行に行くなら母親と一緒でしょうから、全ての予算として6万円くらいはかかりそうです。

そもそもどんなお祝いをしたいのかによっても予定金額は違うでしょう。

親が還暦の子供の世代は、何かとお金が必要な年齢の人たちが多いので、残念が思いをしなくてもいいよう数年かけて積み立てをするのもいいのではないでしょうか。