還暦のお祝いガイド

還暦をお祝いをする際の基本的な情報を紹介

だいぶ以前の職場では、

だいぶ以前の職場では、還暦と同時に仕事を辞める人が、多かったようです。

でも今は、定年退職や年金支給の年齢が上がったからで、会社を辞めない人が、ある意味当然のように見えます。

すると60歳で退職しなかった人に職場の同僚などから60歳の節目の誕生日を祝うというケースもありますね。

それに一口乗ろうとすれば、人数で頭割りして1000円からの予算で記念品を買う感じですね。

還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はふつうは贈る人の名前を書きますが、実際は誰からの贈り物かわかるのであればどんな書き方でも、まあ構わないでしょう。

複数の名前にするなら2、3人分くらいが良さ気ですが、少なくても支障ないですね。

ただ、多い場合は家族一同のようにするとスッキリしますね。

のしには、内のしと外のしがあります。

内のしは、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外のしはどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

逆に内のしは、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

本卦還りのお祝い品の予算はだいたい2万円くらいにする人が多く、それに旅行代や食事代として一人につき2万円ほど加えているようです。

それは、父親だけが還暦でも旅行や食事は母親と二人分必要ですから、全ての予算として5万円以上になるでしょうね。

そもそもどんなお祝いをするつもりでいるかによって予算は変えられます。

段取りする子供の年齢層は、生活費が増えている世代なので、誰でも1回しかないことなので、3~5年かけて毎月少しずつでも準備しませんか?男女とも還暦であることは違いはないです。

ただ昔は、家の跡継ぎは、女性でなく男性にするという慣習に従って還暦祝いは男性だけにして、その慣習を継続して今でも女性を対象としない地域はなくなっていません。

とは言え年を気にするご婦人も多いですし、加齢のイメージの還暦のお祝いというよりもハッピーバースデーとして満60歳の本卦還りをお祝いする演出も良いと思いますよ。

還暦祝いの熨斗紙(のしがみ)をどう付ける?まず、本卦還りのお祝いはめでたいことですので、赤白の水引に蝶結びとします。

書き方は、水引の上は一般的に「還暦御祝」などですが、もっと親しみを込めて「これからもお元気で」でも良いのではないでしょうか。

下には贈り物を準備した人の名前を書きます。

贈り物を受ける人の名前ではないので勘違いされないように。

満60歳還暦の贈り物は、どんなものが喜ばれるか簡単に決められません。

いろいろな考え方の中で、年寄を連想しないようにという選び方があります。

ご両親の世代だと還暦は終活世代に思えることが多いので、まだまだこれから!をイメージした方がいいかもしれません。

色の組み合わせ方として、寒色より明るい色の組み合わせが好感が持てると思います。

女性向けの一案として本卦還り(ほんけがえり)は、赤ちゃんに還るという意味ですから持つ人のパワーを高めるベビーリングを候補にしても良いと思います。