還暦のお祝いガイド

還暦をお祝いをする際の基本的な情報を紹介

以前、企業では一般的に還暦で

以前、企業では一般的に還暦で定年退職する人が、大半でした。

しかし最近は、60歳でもまだまだ健康を維持しているという要因があって、何も変わらないという人が、大半です。

そういった人に対し、職場の同僚などから人生の節目を祝う親密的なお話しがありますね。

それに一口乗ろうとすれば、少なくても一人1000円からの徴収で記念品を買う感じですね。

本卦還り祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下は、誰が贈ったのかを書くのですが、贈り主を勘違いすることがなければ、姓だけでもマナー違反ではありません。

何人かの名前ならば書くのは2名くらいだと具合がいいですが、多くても問題ありません。

敢えて言うなら多い場合は、「○○一同」という書き方にする方が、優劣なしでいいかもしれません。

のしには、内のしと外のしがあります。

内熨斗(うちのし)は、熨斗紙を直接品物の箱にかけて包装紙で包みます。

また外のしは、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

還暦祝いなど熨斗紙には表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)は誰からどんなお祝いなのかがすぐわかります。

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

ただ、熨斗紙をかけることが礼を尽くすことですので、外のしと内のしでどちらが正解ということではありません。

満60歳還暦のプレゼントは、何にすると喜んでもらえるか容易には想像できないですね。

いろいろな考え方の中で、還暦=年寄とイメージするようなものにしないという選び方があります。

親世代は還暦=弱い人に思えてしまう場合があるので、還暦を意識しすぎない方がいいかもしれません。

ですので色合いは、地味系よりは印象的な使い方の赤が基本です。

ちなみに女性に贈るなら還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、メモリアルジュエリーのベビーリングをプレゼントすると良いと思います。

還暦祝いの熨斗紙(のしがみ)はどう書く?本卦還りは祝儀なので、赤白の水引、そして蝶結びにします。

書き方は、水引の上は一般的に「祝還暦」などですが、堅苦しいのが嫌なら労いの気持ちを示す言葉で素直にいいと思います。

そして、下に贈る人の名前を記します。

お父さんやお母さんの名前ではないので勘違いされないように。

本卦還り祝いに贈る品物の購入費は二万円前後が主流で、さらに旅行や食事の代金の一人あたり3万円を加えているようです。

二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから総額5万円以上が必要になりそうです。

そもそもどんなお祝いをしようと考えるのかによっても予定する金額に違いがあります。

段取りする子供の年齢層は、何かとものいりな生活水準なので、一生に一度のことなので、毎月千円でも貯金しませんか?男性も女性も還暦の内容は同じ差はありません。

ただ前は、家の跡継ぎは、女性でなく男性にするという習わしがあったため本卦還りのお祝いは男だけで、そのせいかどうか現在でも男性だけというところがあるようです。

もっとも年齢を気にするご婦人は少なくないですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりも誕生祝いとしながら本卦還りを祝うサプライズも粋ですね。