還暦のお祝いガイド

還暦をお祝いをする際の基本的な情報を紹介

のし紙の水引の下側の書き方

還暦祝いの贈り物の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はふつうは贈る人の名前を書きますが、実際は誰からのものかわかれば名だけでもマナー違反ではありません。

名前を並べるときは見た目でいうと3名くらいがちょうど良いですが、多くても問題ありません。

一応、2名を超えるときは「○○一同」という書き方にする方が、見た目がいいかもしれません。

男女とも還暦であることは同じで違いはありません。

ただ、だいぶ前の時は、男を家の跡継ぎにするという習わしがあったため本卦還り祝いは男だけにして、そのせいかどうか今でも男性だけという地区はなくなっていないようです。

もっとも年齢を気にするご婦人も多いですし、年寄の印象が強い還暦祝いというよりもハッピーバースデーとしつつ満60歳の還暦をお祝いする演出も良いと思いますよ。

本卦還りのプレゼントは、どんなものが喜ばれるか簡単に決められません。

考え方は様々ですが、年寄を連想しないように探し方だと選びやすいかもしれません。

還暦世代には、還暦=人生終わり?と悲観的に考えてしまいがちで、今まで頑張った!を意識した方が間違いないでしょう。

色使いは、暗い色ばかりでなく暖色がいいでしょう。

女性向けの一案として還暦は赤ちゃんに還(かえ)るという意味ですから、記念のベビーリングを贈り物として考えてはいかがでしょうか?のしには、内のしと外のしがあります。

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

また外熨斗(そとのし)は、包装紙で品物を包み、それに熨斗紙をかけます。

熨斗紙には還暦祝いなどの表書きと名入れをしているので、外のしは誰からどんなお祝いなのかが一目でわかります。

逆に内熨斗(うちのし)は、包装紙を開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内熨斗(うちのし)と外熨斗(そとのし)のどちらが正解ということではありません。

本卦還り祝いの熨斗紙(のしがみ)はどうする?還暦は文字とおりお祝いなので、祝儀用として赤白の水引を使い蝶結びにします。

書き方は、水引の上は一般的に「寿還暦」などですが、形式ばっているのはなしで労いの気持ちを示す言葉で素直にいいと思います。

下に書くのは、贈る人の名前です。

お祝いされる人の名前ではないのでウッカリされないように。

だいぶ前の会社では、還暦で仕事から引退する人がほとんどだったと思います。

近年は、全般的に長寿になったという理由がありますが、会社を辞めない人が、たくさんいます。

だから還暦で定年退職しない人に職場の同僚などから還暦祝いをするというケースはよく聞く話です。

そういったことへの参加費は、少なくても一人1000円からの徴収でプレゼントを買いますね。

還暦祝いに贈る品物の購入額は二万円前後が主流で、それと会食代、旅行代として一人につき2万円ほど追加予算するケースが多いです。

二親(ふたおや)とも元気で、還暦は父親という場合、旅行や食事は母親と二人分必要ですから、総額5万円以上が必要になりそうです。

そもそもどんなお祝いをするか、計画によって予定する金額に違いがあります。

親が還暦の子供の世代は、生活費が増えている年代でもあるので、たとえば還暦の年から逆算して、毎日コーヒー一杯を飲んだつもりで積立貯金していくのはどうでしょうか。