還暦のお祝いガイド

還暦をお祝いをする際の基本的な情報を紹介

内熨斗と外熨斗

のしには、内熨斗(うちのし)と外のしがあります。

内熨斗(うちのし)は、品物の箱に直接熨斗紙をかけて包装紙で包みます。

また外熨斗(そとのし)は、品物を包装紙で包み、それに熨斗紙をかけます。

熨斗紙には還暦祝いなどの表書き、そして名入れをしているので、外熨斗(そとのし)はどんなお祝いを誰からなのかが一目でわかります。

一方、内熨斗(うちのし)は開けないと誰から何のお祝いかわかりません。

もっとも大切なのは、熨斗紙をかけて礼を表すことなので、内熨斗(うちのし)と外のしのどちらが正解ということではありません。

還暦祝いの熨斗紙(のしがみ)はどうする?まず、本卦還りのお祝いは文字とおりお祝いなので、赤白の水引に蝶結びとします。

書き方は、水引の上は一般的に「寿還暦」などですが、堅苦しいのは抜きにして「感謝」でも良いのではないでしょうか。

それで、下側に贈る人を記します。

贈り物を受ける人の名前ではありませんので注意しましょう。

還暦は、男女とも同じです。

ただ昔は、家の跡継ぎを男性にするという風習があったので還暦を祝うのは男だけにして、そういった経緯で男性だけを対象にする地域もあるようです。

とは言え年齢を気にする女の人も多いですし、年寄の印象が強い本卦還りのお祝いというよりも誕生祝いとしながら本卦還り祝いをするというサプライズも楽しいですね。

還暦のお祝いのためお祝いの品は、どんなものが適しているか容易には想像できないですね。

考え方は様々ですが、「還暦ならではの」ものにはしないという選び方は、バリエーションが広がりますよ。

ご当人世代は、還暦に終活まじかのイメージに近い人が多いと思うので、年寄イメージに注意した方が喜ばれると思います。

テイストを主張するのは色なので、地味な色ばかりでなくご当人の好きな色が配色されているといいでしょう。

女性向けの一案として赤ちゃんに還るという意味を持つ還暦なので、記念のベビーリングを贈り物として素敵だと思います。

還暦のお祝い品の予算は2万円くらいと言われていて、それに食事代や旅行代として一人あたり約2万円を準備するようでしょうね。

もし父親が還暦だとすれば、食事・旅行を行くなら二人一緒でしょうから総額6万円ほど必要かもしれません。

そもそもどういった祝い方をするか、計画によって予定する金額に違いがあります。

60歳になった親の子供は、生活費が増えている生活水準なので、残念が思いをしなくてもいいよう地道に貯金しませんか?昔の職場では、還暦で会社を退職する人が、大半でした。

けれども近年は、働く必要に迫られてきたこともあると思いますが、何も変わらないという人が、むしろ当たり前のようです。

そんな時、還暦で現役の人へ勤め先の有志から還暦のお祝いをするサプライズでほのぼのすることもあるようです。

そういったことへの参加費は、人数で頭割りして1000円からの予算で記念品を買う感じですね。

還暦のお祝い品の熨斗紙(のしがみ)の水引の下側はお祝いする人の名前ですが、贈り主を勘違いすることがなければ、どういう風に記しても構いません。

連名にする場合は書くのは2名くらいだとちょうど良いですが、多くても問題ありません。

強いて言えば、多い時は子供・孫一同と記した方が、きれいですね。