還暦のお祝いガイド

還暦をお祝いをする際の基本的な情報を紹介

還暦ご当人のお子さんたちが

還暦ご当人のお子さんたちがなかなか時間が取れないなどの時は、お祝いの品物を宅配などで送付すると思います。

宅配は妥協点だと頭では理解してもなるべくお祝い品を持って訪問するのが、一番良いと思います。

直接渡すことができないならメッセージカードなどで家族の様子を書いたり、節目の60歳を純粋に祝う気持ちを書いたりして持参できないことを補う配慮は、忘れないようにしてください。

さらに電話することで、ご当人の喜びも一入(ひとしお)だと思います。

還暦のお祝い品は、贈る場所がご当人の自宅などならば大きなものでも良いと思います。

しかし、実家とは別の場所で会食などを行うならば、、目録など簡単に持ち帰れるものにした方が余計な手間がかかりません。

帰宅中に電車の中に置き忘れたりしたら恐らく後悔しますよ。

本卦還りを祝う席なので贈り物がその場にあった方が確実に盛り上がるでしょうけど、旅行など形のないものをプレゼントにすることもあり得ます。

そんな時はお祝い品以外で盛り上がるしかないでしょうね。

還暦のお祝いは、昔の慣習にならい赤色が印象深い品物が間違いのない決断です。

ただ最近はその点に固執しないで、60歳という年齢を気にせずこれからの活躍を祈念するものを手配するのが主流です。

人生60年の節目としての贈り物は、これまで無事に過ごした時間を称えたりありがたいと思う気持ちを込めて品物を選びましょう。

ご当人にだけ価値があるもの、常においておけるもののどちらでもいいと思いますが、タイミングを逃さず感謝を表す意味合いの言葉をかけてあげてください。

貰ったプレゼントを想うたびにその場面を走馬灯のように思い出されるはずです。