還暦のお祝いガイド

還暦をお祝いをする際の基本的な情報を紹介

手持ちして顔を見せたい

還暦のご当人と離れて暮らしていて顔を出すことができないというならば、宅配便などでお祝いの贈り物を送付すると思います。

それは仕方がないことと間違いではないにしても可能な限り手持ちして顔を見せるのが、最もベターですね。

渡すために出向けないときは、季節のお見舞い状で最近の様子を伝えるとか、本卦還り祝いの気持ちを表すなど持参できないことを補う配慮は、大事にしましょう。

そして電話も忘れずにすることで、思い出深い本卦還りの記念になると思います。

本卦還りということで、昔の慣習にならい赤色を取り入れた贈り物がよくあるパターンです。

ただ最近はその点に固執しないで、60歳という年齢を気にせず労いの気持ちを表す品物を手配するのが主流です。

人生節目のお祝いとして、これからも健康で長生きしてほしい気持ちやこれまでの恩に報いるようプレゼントを選んであげましょう。

広い意味で日用品、希少性が高いものの考え方は様々ですが、渡すその場で「今までありがとう。

これからも元気でね!」という一言を付け加えるのが大事です。

そうすれば、貰った贈り物を考えるたびにその瞬間の嬉しさがきっと思い出すことでしょう。

還暦を祝うための品物は、お祝いの会が自宅などであれば大きなものでも良いと思います。

ただ、実家以外でお祝いの会などを行うならば、目録など簡単に持ち帰れるものにした方が自宅まで運ぶことを気にしなくて済みます。

手持ちで自宅に運ぶ時、落として壊したりしたら凹みますよ、ご当人は。

お祝いを目的にした集まりなので祝いの贈り物がその場にあればみんなの気持ちが高揚するはずですが、実体のないものを手配することもありますからお話しだけで盛り上がりましょう。