還暦のお祝いガイド

還暦をお祝いをする際の基本的な情報を紹介

実家を離れなかなか時間が取れない

実家を離れて暮らす方がなかなか時間が取れないなどの時は、宅配便などでお祝いの品物を届けるようになると思います。

宅配は妥協点だと理屈はそうにせよできる限りお祝い品を手持ちして訪問するのが、一番良いと思います。

贈り物を手持ちできないならば、季節のお見舞い状で孫の様子を書いたり、節目の60歳を純粋に祝う気持ちを書いたりして直接渡せないことを補うのに気を利かせるよう大事にしましょう。

さらに電話で声を聞かせれば、ご当人の喜びも倍増です。

還暦のお祝い品は、渡すタイミングがご当人の実家などならばかさばるものでも構いません。

ただ、自宅以外で祝いの会などを予定するなら目録など簡単に持ち帰れるものにした方が良いかもしれません。

手持ちで自宅に運ぶ時、壊したりしたらご当人のショックが大きいですからね。

本卦還りを祝う席なので祝いの贈り物がその場にあれば楽しくなるのは間違いとは思いますが、バスツアーなどの旅行券を手配することもありますからお話しだけで盛り上がりましょう。

本卦還りのお祝い品として先人の例を鑑み赤を使った何かを取り入れたプレゼントが普通に考えられるものです。

しかし最近は実態を意識して、まだまだ若々しく現役の人に合うもの、贈る側の気持ちのこもった品物を手配するのが主流です。

還暦のお祝いとしての贈り物には、健康を維持してほしい願いやありがたいと思う気持ちを込めて品物を選びましょう。

形がないもの、飾り物のどちらでもいいと思いますが、渡すその場で感謝の気持ちを表す言葉をかけてあげてください。

ご当人は贈物を見るたびにその瞬間の嬉しさが思い出せることでしょう。