お祝いの時期について

誕生日にかかわらず満60歳になる年が、還暦の数え年61歳に間違いありません。数え年で何日で61歳になるかというと元旦なので、還暦のお祝いは元旦から節分までにされていたようです。ただ最近は、満年齢の方が、一般的なので、春分の日までに関係なく祝いの会をするのが主流です。本卦還り(還暦)をお祝いする時期が...

お祝いの時期について

満60歳の誕生日あたりで行うことが多いですが、最近は家族が実家の近所にいないことが多く、満60歳を迎える誕生日ではなくみんなが集まりやすい時にお祝いするケースが主流です。連休が無理なら年休を利用するなど皆が勢ぞろいできる日にお祝いの会を催すという感じです。中には、満60歳になる誕生日で定年の退職日に...

お祝いの時期について

誕生日にかかわらず満60歳の誕生日の年が、数え年の61歳で還暦ということになります。数え年の考えではその年齢にあるのが元旦なので、本卦還り祝いの催しは元旦から節分までに執り行っていたようです。ただし現在はというと、満年齢が良く知られているので、節分の日までというのを意識せず祝いの品物を準備するのが多...

お祝いの時期について

最近は子供たちが実家に住んでいないことが多く、60歳を迎える当人の誕生日ではなく皆が集まりやすい時期に行うということが主流です。連休をうまく利用するなど皆が勢ぞろいできる日にお祝い会を行う感じです。企業や団体勤めだと60歳で定年で退職される方もいるので、勇退記念と還暦祝いを一緒にされる場合もあります...

お祝いの時期について

家族が遠方に住んでいることが多い近頃では、当人の誕生日にかかわらずみんなが集まりやすい時に行うというケースも多いですね。その年の長期の休みの時期などご家族が揃うタイミングにお祝いの会を催すという感じです。企業や団体勤めだと60歳で定年の退職になる人がいるので、勇退記念を兼ねるケースもあります。勇退と...

お祝いの時期について

誕生日の月と日に関係なく60歳(満年齢)になる年が、本卦還りの年ということになります。数え年では年明けに年齢が変わるので、還暦を祝いのは元旦から節分までに執り行っていました。ただ最近はというと、満年齢の方が、ふつうなので、春分の日までに関係なくお祝いの旅行などをするのが主流です。還暦のお祝いは、満6...

お祝いの時期について

というケースが多いですが、最近は子供たちが実家に住んでいないことが多く、満60歳を迎える誕生日ではなく家族が集まりやすい時に行うということが主流です。年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休み、シルバーウィークなど家族が一堂に会する日程で催すという感じです。会社員勤めだと60才で定年の退職日になる人もい...

お祝いの時期について

誕生日が1月1日でも12月31日でもその年が、満60歳になる年であれば、還暦です。数え年では年明けに年齢が変わるので、還暦のお祝いは年明けから春分までにされていました。ただし現在はというと、満年齢の方が、一般的なので、節分の日までというのを意識せずお祝いの旅行などをするのが大半の選択だと思います。還...

お祝いの時期について

誕生日が元旦から大みそかのいつでも満60歳になる年が、本卦還りの年ということになります。数え年での年齢の加算はその年の午前零時なので、還暦のお祝いは年明けから春分までに行っていたようです。もっとも現在では、満年齢がふつうなので、誕生日あたりをターゲットにしてお祝いの食事会などをするのが大半の選択だと...

お祝いの時期について

誕生日が元旦から大みそかのいつでも満60歳の誕生日の年が、還暦の数え年61歳です。数え年の考えではその年齢にあるのが元旦なので、還暦のお祝いは年明けから春分までに執り行っていたようです。ただし現在は、数え年に比べ満年齢が、良く知られているので、春分の日までに関係なく祝いの会をするのが多いと思います。...