還暦のお祝いガイド

還暦をお祝いをする際の基本的な情報を紹介

満60歳の誕生日の近くで

満60歳の誕生日の近くで還暦のお祝いをする、というケースが多いですが、最近は子供たちが実家に住んでいないことが多く、満60歳を迎える誕生日ではなく家族が集まりやすい時に行うということが主流です。

年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休み、シルバーウィークなど家族が一堂に会する日程で催すという感じです。

会社員勤めだと60才で定年の退職日になる人もいるので、還暦祝いを兼ねることもあります。

還暦と定年退職のお祝いでも厳格な日程や緻密な段取りに気にし過ぎないようにして、数えの61歳を還暦という年という定義がもともとであり、満60歳になる年が、それです。

誕生日の月と日に関係なく60歳(満年齢)になる年が、還暦の祝い年に間違いありません。

数え年では年明けとともに61歳になるので、本卦還りをお祝いするのは正月から春分の日までに行っていたようです。

ただし現在は、満年齢の方が、良く知られているので、節分の日までというのを意識せず祝いの品物を準備するのが大半の選択です。