還暦のお祝いガイド

還暦をお祝いをする際の基本的な情報を紹介

年祝いをされる人は、人生これから

年祝いをされる人は、人生これからという感じです。

仕事は一段落、子供も巣立っているという方が多いし、新たな夫婦の価値観で良いと思います。

それに今も活躍されていると思いますが、体を気遣ってほしい年代でもあります。

だからこそ還暦を大事な区切りにして、若い人から先輩へのお祝いがあるといいと思いませんか?61歳の数え年にする還暦祝いは、元々は長生きを祝う行事でした。

とはいっても最近の人たちはハツラツとしていて、まだまだ現役という感じがして、年寄扱いしたら気が引けます。

わが子はとっくに自立していても悪く言うと子ども扱いする両親であって、そういった親には「だいぶマシになったろ?心配すんな」と穏やかな気持ちを表す値千金のタイミングだと思います。

祝い年にすることは難しく考える必要はないです。

ただし、生後60年の一区切りなんで、サクッと済ませたくはないですよ。

入社式のように初々しくではないにせよ、身内だけでもすこし大げさにする段取りしたいですね。